長期間ログインされておりません
[PR] 広告主様募集


あまりにもあどけない告白だった
傷みのりんかくを確かめる
鱗粉がついた指先をすり合わせる
夏のはじまり、死の匂い、彼の背中
きらきらの破片
私が殺した蝶
夏に死ぬ影
ひとりごとの減らない真昼
口をつけられなかったソーダ水

正しい法則の中で死んでいく、
ふれられて朽ちる花のように。